FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogramで人気ブログを分析

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国の射撃場火災の話 

先週、韓国は釜山の射撃場で大きな事故がありましたね。
日本人の観光客や、地元のガイド、お店の方...たくさんの方がお亡くなりになって...

せっかく遊びに行かれたのに、こういう事故は悲しいですね。

韓国での事故でしたから、私達の通っている韓国語教室でも話題になりました。
事故の話はまだ解明されていないので話題にはなりませんでしたが、
韓国では、ある事が論議になっていたのだそうです。

遺族の方々が現地入りされた時、韓国の首相が慰問に訪れた時の事。
遺族の方々に、ひざをつき深々と頭を下げている姿...とても丁寧な、心のこもったご挨拶だったのですが、
「韓国でもNo2という重人が、ひざをついて頭を下げるのはどうだろう?」
という物議を醸し出したのだそうです。

ですが、教室の先生は「遺族の方が床で座っているのに、立っておじぎなんて、それは失礼でしょう。」
とおっしゃっていました。

どこの国でも、「偉い人のメンツ」って、面倒くさいものがあるんですね...まぁ、それは日本も確かにあると思いますが、お隣韓国は儒教が色濃く残る国ですので、とりわけ年長者の方、身分の高い方の自尊心を重んじる所があって、もし自分が目上の方に対した時、お互いの自尊心を傷つけない様、失礼のない様に対応しなくてはいけないんだな...と、このニュースで思ったのでした。

ま、この話は一部の話で、先生が強くおっしゃっていたのは、

「遺族の方には大変申し訳ない話かもしれませんが、ある意味、この事故を通じて、日本と韓国の関係がとても順調な事が分かりました」という事でした。

先も書いた、韓国の首相がとても早いタイミングでご遺族の方々を弔問に訪れた事。
韓国の大統領も、日本側よりも早く、日本に向けて連絡を送った事。
ご遺体が運ばれた飛行機もチャーターで...。

韓国の観光に対する影響を憂慮しての事だとは思いますが、
それでも、迅速に対応されているのは、一人の韓国好きな旅行者として本当にありがたい事だと思います。

ところで、何故私がこのニュースを話題にしたかというと...
実は、今年のGWの「2009年GWつれてつれられ旅:その2」で、私達もあの射撃場に行ったからなんです。

いつもの夫婦旅なら射撃にはそれ程興味ないので行かないのですが、この時は韓国ビギナーの友達が射撃をしたいというので、現地でチラシを探して行ったんです。

何せ韓国の市場界隈は古い建物ばかりで、それもまた風情があって私は好きなのですが、その射撃場も古い建物の中にありました。
建物は古いのですが、韓国はリフォーム技術が優れていて、中はとても明るくさっぱりとしていて、清潔でした。
銃のインストラクターさんもとても親切で、見学の私達にも1発ずつ打たせてくれたし、室長さんも、お刺身の美味しいお店を聞いたのですが、色々教えてくれて、「もし分からなかったら電話して下さい」と、名刺も頂きました。

その時、色々お話しさせて頂いたのは、
「日本の観光に来られている方は安心して銃を渡せるけど、地元の人は恐い。自殺する危険があるから。」
ということでした。
(確かに、院長先生も「韓国人は兵役で嫌という程銃の練習やらされるから、わざわざお金払ってまでやりたくないんだよ(笑)」とお話された位ですから...)

ちゃんとお客さんの様子を見て、丁寧に応対されていた店員さん達でした。

韓国のwebニュースでは、室長さんのお名前はありませんでしたが、
銃のインストラクターの方は、名前を覚えていないのですが、もしかしたらお亡くなりになってしまったかもしれません。

もしそうなら、心から、ご冥福をお祈りいたします。

火事の原因は...まだはっきりしていないようですね。
夫が「ソファの傍にガスストーブがあったから、それじゃないか?」と言っていましたが、推測の域を出ません。
最近になって、射撃場の方が火元ではないかという話が浮上しているようです...
射撃場の中に実弾庫があるし、残留火薬に何か火が引火した可能性もあるそうで...

先程自分のブログ記事、取ってあった写真を確認しましたが、原因になった射撃場の中に、確かに実弾庫がありました。
ただ、その横には消火器もあったんですね...。
何らかの形で火薬が引火したら、あんな小さな消火器じゃダメなんでしょうね。
もっと管理をしっかりしてもらえたら良かったのに...

旅行好きなので、旅先での事故、事件、盗難など、自分も他人事ではないというのは常日頃から思っていますが、今回の事件も、もしかしたら自分達がそうなったかもしれない...と思うと、身の引き締まる思いです。


亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
原因を早く解明して、同じ悲劇が起きないことを切に願います。




blogramで人気ブログを分析
スポンサーサイト


[2009/11/20 11:59] 旅行メモ | TB(0) | CM(10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。