スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogramで人気ブログを分析

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年SWソウル旅で見た映画あれこれ 

体育の日連休、皆様いかがお過ごしでしたか?

今回は旅のおまけ、2009年SW韓国で見た映画あれこれをご紹介です☆
(っていうか帰国後も映画づいててネタがたまってるぅ~ 汗)

まず1本目「애자(エジャ)」




小説家を目指すもなかなか芽を出せず、男勝りで結婚もなかなか軌道に乗らない、仕事でも年齢でも崖っぷちのアラサー、エジャ。
そんな彼女と、獣医で子供2人を育ててきた勝ち気な母との確執と理解、そして別れを、韓国の美しい田舎の風景を織りまぜながらコミカルに、叙情的に描いたヒューマンドラマ...と言ったところでしょうか。

気が強くてケンカばかりだけど、だからこそお互いの気持ちも分かる...そんな親子。
ちょっとうらやましいなと思ったりしました。

ただ、デートで見るには不向きです。父ちゃんがちょっとつまらなそうでした(^^;


2本目「이태원살인사건 イテウォン殺人事件」




こちらも現代劇ですが、どうやらロー(法廷物)ドラマです。
正直、韓国語スキルの弱~い私達にはキビシイ映画でした。(かなり寝ちゃった ーдー;)

これ、確か実際にあった殺人事件のことを描いているようです。内容としては...イテウォンのとあるカフェのトイレで、大学生が刃物でメッタ刺しにされるという殺人事件が起こり、在韓米国人の若者2人が容疑者として上がるのだか、2人共容疑を否認。検察では2人以上容疑者がいる場合、1人を起訴しないといけない決まりらしく、1人に決められない場合不起訴になってしまうらしく、容疑者それぞれのやり取りやら、雇われた弁護士の駆け引きやら、検察官の苦悩などが見どころの様です。

私の様に韓国語スキルに自信のない方で、見たい方は是非字幕か吹き替えで^^;

「ベートーベンウイルス」や「ファン・ジニ」にも出ていたチャン・グンソク君、これからもっと出てきそうな予感です♪


3本目「해운데(ヘウンデ)」




こちらは以前mixiで仲良くして頂いてる某大学の教授がレビューを書いてて、参考にさせていただきました(^^)v
韓国版「パーフェクトストーム」といった所でしょうか。

キャスティングが豪華!ソル・ギョング、ハ・ジウォン、オム・ジョンファ...確かに導入部分は非常に良かったです^^
そして事件がぁーっ!!

これ、ネタバレしちゃうとあんま面白くないと思うので書きませんが、ま、早い話津波系パニックムービーです。
ただ、事件後のやり取りがいやにあっさりで何だかなぁ...という感じではありました。
ウケを狙うのか、シリアスで決めるのか、こういうジャンルって難しいですね。

映画的にはとても上手く出来てると思うのですが、震源地が対馬ってことで、日本でも上映するのか...
配給会社の勇気次第?!


4本目「UP (邦題 カールじいさんの空飛ぶ家)」




今年の春、グアムで上映されていたので気になっていたのですが、ちょっとお子さま向けと思って見ませんでしたが、
今回の旅後半、時間がかなりあったので見てみました。
じいさんが主人公ってどうなの?っていう感があったのですが、ヤバいです。じいさんの純情さに泣けます。
現実にこんな冒険したら死んじゃうよ...と思いもしますが、とにかく頑張れじいさん!!と拳を握ること受け合いです!

じいさんと冒険をするハメになったボーイスカウトの男の子もぷにぷにしてて可愛かったです^^

そして、人の生き方、パートナーについて色々考えさせられました。
いつの時でも、人は一人で生きてるんじゃないんだってことを、楽しく思わせてくれる映画でしたよ☆


5本目「국가대표 国家代表」




実際の韓国スキージャンプチームを題材に作られたお話だそうです。

冬季オリンピックの誘致活動のために、にわかに集められたスキージャンプの選手たち。
いろんな事情を抱える選手たちに、コーチは「金メダル取ったらマンション買ってやる」「金メダル取ったら兵役免除」と言って励ますのだが、やっと出場という時に誘致が失敗。そしてオリンピック選考会ではトラブル...

といった感じで、一筋縄ではいかない強キャラの選手たち、コーチ、選手やコーチの家族達...
コミカルだけど、熱い、ベタなスポ根です(^^)

でも、このベタさ加減が良いんだよなぁ~(T▽T)b

でるふぃ家の意見が一致した、良い映画でした☆☆☆

メインの大会は長野オリンピックで、実際長野ロケしたのかな??
詳しい方に聞いてみたいです。(あ、そういや身近に長野に若干詳しい人一人いたっけ...笑)

ジャンプシーンのCGは...笑って許してあげましょうwww


6本目「花火のように、蝶のように(英題 The Sword Of No Name...だったかな?www)」




さ、邦題ではどんなことになるでしょうか...捻る必要はないのでそのままでお願いしますといった感じです。

ジョ・スンウとスエちゃんが熱演でした!今期最高の恋愛映画だと思います。
内容としては、隠れキリシタンのムミョン(無名)が、出会った時に一目惚れした女性=後の明成皇后であるジャヨンを慕い護衛武士になり、死ぬまで彼女を守り抜くと誓う。そして彼女も、初めて出会った時から心を開ける相手として信頼を寄せる。だが、この時代は朝鮮末期、ロシアと条約を交わそうとするジャヨン側と、帝国を恐れる国王との争いに巻き込まれ、そして彼女の命も...

クラシカルな雰囲気が素敵だと思う反面、ムミョンが武官として戦う場面がキャシャーンばりのCGでちょっとため息。
いっそスタントのみでチャンバラして欲しかった...。
父ちゃんは派手好きなので「もっとCGでもイイ」というのですが...ま、その辺は好みでしょうかね...。
(CGの解釈としては、後で書く予定のレビューでも意見が分かれましたが...。)

最後のシーンからエンドロールの主題歌が流れる所でどっと涙が出てきます。
日本で上映するならば、是非歌詞を字幕でお願いしたいっ!

こういう悲恋は女子の心をくすぐりますねぇ~(;;)良かったっス☆


7本目「Fame」



封切りして早速見に行った洋物映画です。
昔公開したもののリメイク版だそうですが、韓国の映画チャンネルで昔のと今のの比較をやってたのが面白かったです。

ニューヨークの芸能高校に入学した才能あふれる学生達の成長物語を、軽快な音楽やダンスで進めていきます。
うーん、あんまり説明いらないと思います。日本での公開をお楽しみにって感じです(^^)b
(っていうか何で日本の洋画封切り遅いんだろう...「GIジョー」は韓国の方が遅かったけどwww)

何せカッコイイ!感動的☆
なりたいものや目指してる物に向かって頑張ってる人、ちょっと疲れちゃった人に、元気を与えてくれる映画だと思います。

帰り、近くでサントラ買っちゃった(^▽^;

コ○ミで長くスタジオトレしてる方、ステップ大好きの方には現代バージョンの「Fame」は新鮮に感じるハズ☆


いやぁ~ 今期も見まくりました(^^;
やっぱり映画ってイイですね☆

映画レビュウ、近日中にまた書く予定ですwww

関連記事

blogramで人気ブログを分析

[2009/10/13 13:00] 海外つれられ旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atkoalas.blog53.fc2.com/tb.php/273-f30f51cf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。