スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogramで人気ブログを分析

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年9月:韓国の旅その2 

韓国の旅、全州編です(^^;
長いので、ざっくり編集させて頂きますm(__)m


全州といえばビビンバですが、もう一つ名物が。
「コンナムルクッパ」豆もやしのスープです。
内陸だからかな?
「ウェンイチプ」という一番有名なお店なのですが...ちょっと辛かった~;;


「客舎(ケクサ)」という建物。多分用途は...字の如く?
この後、暑くて暑くて...カフェで3時間避難しました(^^;


興南門だったかな?ロータリーになってます。


慶基殿(キョンギジョン)前で、伝統舞踊イベントを開催してました。
若い踊り子達も汗びっしょり(^^;


デジカメでマイ写真取り合いっこしてた美女3人組^^


今年の2月までお世話になっていた韓国語教室の院長先生。
現在は故郷であるこちらに戻り、隣町の小学校で校長先生をされております。
この日の晩と、次の日一日観光案内して下さいました♪

まずは伝統の名物、ビビンバやさんへ。高級~♪


毎年行われる「ビビンバ祭り」の見本。デカッ!


そしてこちらは本物!ビビンバ、おかず、どれも本当に美味しかったです。


このお堂の辺りでよく川遊びをされていたのだとか。
昔々、日本から来た人達がこの辺りに住んでいたのだそうです。


完山茶院(ウォンサンタウォン)という、お茶屋さん。
本格的漢方茶のお店のようです。


韓国のお茶器。色合いが素朴。


霜花湯(サンファタン)と、ナツメ茶。
どちらも似たような感じですが、サンファタンの方は、栗やらナツメやら、実がた~~っぷり!
漢方っ!って感じの味。体に良いと思います。


こんな道具で煮出しているのですね~


次の日の朝もコンナムルクッパ。
...前日行った所のお隣へ行ったのですが、意外にこちらの方が口に合いました(^^)b
サービスも良かったし^^


先生の用事があって、先生がお勤めの小学校へ。
100周年記念イベントがあるそうで...お忙しい中ご案内頂き、本当にありがたい限りです。


初めて韓国の小学校に入りました。
雰囲気は日本とあまり変わりないみたい^^好きです。こういうの。


その後、弥勒寺(ミロクサ)へ。
現在大規模な修復中。


修復中の内部。かなり大きい建造物の様です。


こちらも石塔。ちょっとだけ中にも入れましたよ。


旗を立てる土台だそうで、この土台の大きさで、建物の規模が分かるのだそう。


弥勒寺が出来上がったらこんな感じ。

日帝時代に、この彌勒寺の倒壊の危険があった際、日本人がコンクリートで埋め固めたそうで、以前は「貴重な建造物の製法を分からなくするためにやった」と思われていたのだそうですが、現在、本格的な修復をするため解体作業を始めたら、内部がそのままきれいに残されており、「日本人がきちんと残しておくために固めたのだ」と、今は感謝しているというお話があるのだそうです。

誤解は、いつか解けるんですねぇ。
良いお話を聞かせてもらいました。


ソドンヨさん。百済の王様です。
三国時代、敵対する新羅の王女様と結婚し、平和な国にしようとした王様...だっけか?
現在ドラマ視聴中。勉強しときま~す(^^;

そして私達は南原(ナムウォン)へ。
韓国版ロミジュリ?水戸黄門?の様なお話「春香伝(チュニャンジョン)」の舞台です。


「金剛山も食後見」(笑)南原名物チュオタン(ドジョウ汁)です。
色の割にはあっさり味。すりつぶしてあるので、どじょうの姿はありません。残念(笑)


どじょうのオブジェ^^


「チュニャンコル」という、公園に行きました。
こちら、モンリョンという両班(ヤンバン)=貴族の息子との愛を一途に貫いた烈女、チュニャンさん。
さすが有名な芸子=キーセン、月梅(ウォルメ)の娘、美女です。


奥が、モンリョンがチュニャンを見つけた「広寒楼苑(クァンハルウォン)」
手前が、チュニャンがブランコに乗って遊んでいた小島。
ここから物語が始まるんですねぇ~


小銭を投げると、テーマソングであるパンソリ(民謡)が一節流れるという...(笑)


こちらは「万人之塚」豊臣秀吉が朝鮮出兵した時、犠牲になった義士達のお墓だそうです。
今でもお線香が炊かれておりました。私達もお参りしてきました。


韓国では有名なパワースポットだそうで、馬耳山(マイサン)といいます。
今日はふもとのお寺まで行ってきて~ 私休んでるから、写真取ってきてね~と先生に言われ、にわかトレッキングに(笑)


30分程で到着~!
鋪装されたきれいな道だったので、楽でしたが、ちょっと遠かった~
てか暑かった(^^;


こちらのお寺も、石をいくつも積み上げて作られた塔がいっぱいです。
神秘的な雰囲気もあり、元気が出るのもうなづけます。

全行程55分で駐車場へ到着。
早かったね~ と、先生にびっくりされました(笑)


最後、夕食はスンドゥブチゲ=おぼろ豆腐のスープです。
豆腐村という、お豆腐が美味しい町があって、ドライブインみたいな大きいお店でした。
一見辛そうですが...確かに辛いのですが、私でもモリモリ食べられちゃうマイルドさと豆腐がとても美味しゅうございました。

元院長先生、ありがとうございました。
私達だけではなかなか行けない、色んな所へ遊びに連れていって下さり、感謝感謝ですm(__)m
これからもお元気で、またお会い出来るのを楽しみにしております。

...とまぁ、こんな感じで、あとはソウルに戻って友達に会ったり、友達を案内したり...
という、いつもの感じだったので、今回の韓国旅話はこれにて終了とさせていただきまーす。

時間ができたらまた更新いたしますね。



ていいますか、用事が出来、近々また行く予定です...(^^;
関連記事

blogramで人気ブログを分析

[2011/10/19 10:39] 海外つれられ旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atkoalas.blog53.fc2.com/tb.php/87-6b86fe8f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。